CMS 種まき方式用カート ― 通過型

前処理装置
通過型センターに納品された商品の受け入れ検品を行います。
固定およびハンディスキャナ、秤、コンソールで構成されます。
納品された商品を検品しながらアイテムごとのトレーに入れ重量にて検品されます。
カート、シャッター付き間口
カートには4台の秤があり、4つの商品(トレー)を積載することができ、1回の歩行導線で効率よく仕分けできます。
またカートが目的の間口に到着すると、投入すべき場所の間口のみシャッターが開くため投入間違えが発生しません。
もちろん投入した商品は重量で確認され、誤仕分けの要因を完全に取り除きます。

CMS つみ取り方式用カート ― 在庫型

つみ取り用カート
通4台の秤があり、4か所の届け先への商品を1つの作業導線でピッキングできます。
そのため、重量検品により精度を向上しながら同時に生産性も向上します。
CMS 種まき・つみ取り両用カート ― 在庫型・通過型
1台のカートで種まき、つみ取りいずれの方式でも使用できるシステムも構築可能です。
例えば、午前中はつみ取り方式で、通過型商品の増える午後は種まき方式のカートとして、もちろん、曜日波動や季節の波動にも対応できます。
切替はPCからの一斉指示ではなく、カートのメニュー選択操作だけなので、進捗状態に合わせて柔軟に運用できます。