ロードセルを目的で選ぶ

をはかる



重さをはかる



ロードセルを容量で選ぶ

ご利用までの流れ

1.ロードセルの選定 2.ロードセルの設置
計測する容量に応じてロードセルをお選びください。負荷の容量、計測の目的、求める精度、ご利用になる環境などを考慮して選定します。オーバーロードを考慮し、実際の負荷より余裕をもたせた容量のロードセルを選定することをお勧めします。 ロードセルの設置場所は必ず十分な強度を持たせてください。負荷をかけるべき場所以外に負荷がかからないように保護したり、ケーブルが引っ張られないよう固定することが望ましいでしょう。
3.ケーブル接続 4.較正(キャリブレーション) 較正
ロードセルケーブルは4線式、6線式のものがあります。信号名をよくご確認のうえアンプ・指示計に接続してください。 ロードセルの出力はスペックの範囲内で個体差があります。接続するアンプとマッチングさせるための較正が必要となります。較正は、実際に既知の負荷をかける実負荷較正とロードセルの出荷時に添付させるデータを利用する等価入力較正があります。