昨今部品の組立て製造の工程において圧入・カシメといった手法が多く取られています。 この行程を正しく行われたかを管理するために特定のポイントにおける荷重をチェックする必要があり、このポイントを自動的に保持し、判定する必要があります。ユニパルスのデジタル指示計はこの判定ポイントホールドと判定をする役割を担っています。
当社のデジタル指示計においては圧入・カシメの荷重管理に最適で多彩なホールドモードをご用意しております。

F372A、F377Aに搭載されている拡張機能で、1工程中に2種類のホールド機能を動作させて、個別に上下限判定する機能です。2箇所の荷重で判定できることで品質管理上、確実性、冗長性が向上します。
2つのホールド値に関連性を持たせて差分値に対して比較判定する「相対値比較」を併用することも可能です。

 

F372A、F377Aに搭載されている拡張機能で、連続的にホールド動作させたとき、ひとつ前に計測したホールド値との差分値について上下限判定する機能のことをいいます。
打ち抜きプレス機のような連続動作させる機械において、ゆるやかな荷重推移は許容しながらも、急激な荷重変動、異常値に対して警報を出すことが出来ます。

F340Aのピークホールドは応答性に有利なアナログピークホールド回路とデジタルによる保持をする方式を採用しています。これによりA/D変換の速度に依存せずピークを逃しません。F325はアナログピークホールドとデジタルピークホールドの選択が可能です。

F381Aは2GByteまで、FS2000は32GByteまでとなります。弊社にて動作確認済みの推奨SDカードとして、SD1G(1GByte)、SD2G(2GByte)、SD16G(16GByte)、SD32G(32GByte)の4タイプを別売品でご用意しています。確実なデータ保存のため本体またはオプションに付属しているカードまたは別売カードを必ずご利用ください。
*F381AはSDカードI/Fはオプションです。

アナログモニタ出力は、ロードセル出力信号を増幅し外部へ出力する端子です。ローパルフィルタのみ通している場合もあります。 電圧入力タイプのレコーダー等に接続し簡易的に波形観測したり記録するのに便利です。
出力レベルはロードセル入力1mV/Vあたり約2Vです。
ゼロ較正や、スパン較正、デジタルゼロとは関係なく、インジケータのデジタル表示とは一致しませんので、何らかの調整が必要な場合は外部機器側のゼロシフト調整などで対処してください。
インジケータの表示に一致するスケーリングされたアナログ出力が必要な場合はD/Aコンバータ(DAV,DAI)オプションをご検討下さい。

F372A/F377A/F350はBCD出力オプション搭載時にバイナリ形式を選択可能です。

機種にもよりますが、ホールド機能をつかうためには幾つかの入力信号と測定条件が揃わないと動作しません。

1)インジケータ側でホールド機能を有効にする、またはモードを設定する必要があります。

2)ホールドを開始するための“T/H”、“スタート“など入力が適切なタイミングで入力されていること

3)ホールド開始条件に「荷重」を選択している場合、計測荷重値がスタートレベルの設定を横切っているか

4)極大値、極小値、極差値、変曲点の場合はホールド値を定義する条件に合致していないとホールドされません。 計測波形から荷重の変化巾などを読み取り、状況に合わせてホールド条件を見直すことで解決する可能性があります。
その際、液晶画面をデジタルカメラなどで撮影して写真と関連する設定項目等の情報をEメールで転送いただければ 検討・ご提案の参考になります。

状況にもよりますが、計測波形を描画するためには外部信号“GRAPH TRIG”と荷重値のレベルなど条件が揃っていないと描画開始しません。
一般的には

1)グラフ描画の動作モードを選択する。(連続描画、外部信号で1回描画、荷重レベルを超えたら1回描画、外部信号+レベル)

2)グラフ描画開始レベルの設定値を超えているか(上に通過、下に通過など)通過方向の設定が可能

3)縦軸(Y軸:荷重)、横軸(X軸:時間)のスケーリングは適切か。対象となる計測範囲を液晶画面上の見やすい大きさで表示できるように、「X軸終点」「Y軸始点/終点」を調整します。

メイン画面にてステータス表示が測定中になっているかご確認ください。
測定中になっていない場合は測定開始信号がON→OFFされていることや測定開始条件を 確認してください。
測定中になっている場合は測定終了信号や測定終了条件を確認してください。

計測した波形データをCSV形式で保存できます。I/Fは各機種によって異なりますが弊社WebページにPCアプリをご用意しておりますのご利用ください。

波形表示エリア外でホールド条件が成立しホールドされている可能性があります。表示範囲の設定やホールド条件をご確認ください。

F372A、F377A の場合、専用の通信ツール「F37XCommunication tool」で波形データ転送や画面のハードコピーが取れます。FS2000では画面上にSDマークが表示しているときにこれを押すとその時の画面がハードコピーされSDカードに記録されます。
F381A、F388A (SDカードオプション搭載)の場合、まず波形データをSDカードに記録します。その後 Windows用PCソフト「F381用統合ツール」のファイルコンバータでSDカード内の波形データをCSV形式に変換すればExcelなどでグラフ作成、印刷できます。

デジタルインジケータと弊社製プリンタM252B、M255A、MD252 ペーパーレスプリンタDS252をSI/F接続して下記の設定を行うと自動印字可能です。

プリンタ側・・・ 「自動印字(自動記録)=ON」
インジケータ側・・・ 「SI/F印字設定=ホールド値(ホールド値印字=ON)」

各種ホールドを解除するタイミングで確定したホールド値を1回だけ自動印字します。

F325/F340A/F490Aについてはゼロトラッキング機能は較正LOCKがONになっている状態に限り機能します。 較正LOCKがOFFになっていないかをご確認ください。また、トラッキングの設定の時間および幅について再度ご確認ください。
*FC400シリーズは較正LOOKとは関係なく機能します。

信号入力範囲を超えています。ロードセルケーブルの断線・誤配線やロードセルの破損でも表示される可能性があります。
インジケータ側かロードセル側かの簡易的な切り分け方法としてはロードセルを一度取り外し(エラー表示)、インジケータの+SIGと‐SIG、‐EXCの3箇所を渡りを取るようにショートしてください。エラーが消えればインジケータ側は問題ありません。
要因を取り除くことにより解除されます。操作によるリセットは必要ありません。

較正時に入れていただく必要があります。定格容量値を入力するときに小数点位置を数値と一緒に入力してください。テンキー入力の指示計に関して小数点をなしにするには最終桁のあとに・を押すと小数点がなくなります。

できません。波形はプラス方向に進むごとに波形を残すので先頭基準の場合0→20mm もしくは末尾基準の場合-20→0mmで波形が描けます。

F381A/F388Aについては重ねられません。隣り合う区間の始点と終点をぴったり合わせることは可能です。また、区間1つにつき、設定できるホールドも1つです。FS2000については区間の重ね合わせが可能です。

オープンコレクタ方式の場合、Z相がつながっている可能性があります。Z相は通常使いません。
A相、B相のパルスが入力されているかどうかはセルフチェックで確認してください。

COMチェック画面があります。ホスト側から電文を送信し、COMチェック画面に送った電文が 表示されることを確認してください。
送信ボタンを押すと、RAコマンドと同じ電文がインジケータから 送信されます。ホスト側で受信できることを確認してください。

セルフチェックの中に外部入出力を確認できる項目があります。

入力 : インジケータが認識した信号のランプが点灯します。
出力 : ボタンを押すことで該当する出力信号をONまたはOFFにします。

アナログモニタ出力はロードセルの入力を増幅してそのまま出力します。(1mV/V 約2V) CPUが介在しないため、調整することができません。 モニタする側でゼロ点を覚えるようにしてください。
D/Aオプションが選択できる製品についてはD/Aオプションを使用することをお勧めします。

デジタルゼロでゼロ点を調整していませんか?デジタルゼロは簡易的なため、電源をOFFにすると 値がクリアされます。次回電源投入時までゼロ点を保持しておきたい場合はゼロ較正を行って ください。
また、インジケータにはウォームアップドリフトがあるため、電源投入後、指示値が安定するまで 十分時間をおいて下さい。

※ ゼロを取る機能には、ゼロ較正およびデジタルゼロ(ゼロトラッキング機能を含む)があります。 ロードセルの入力を較正する際にゼロ較正を行い、運用時のドリフト等による簡易的なゼロ点の 調整はデジタルゼロで行います。

単位換算機能はありません。小数点位置も自動で移動しません。 荷重計測用のデジタルインジケータF372A、F377Aでは4種類までの較正値を内部に記憶する機能があり(較正値選択機能 )これにより同等のことが可能になります。

液晶表示器のバックライトの輝度は変更できません。
ただし、操作していないときに自動で輝度を落としたり消灯するようには設定できます。

指示計を2台以上並列に接続することはできません。必要な場合は別途、ご相談ください。
ロードセルに印加する電圧の変動をキャンセルすることで本来の性能を発揮することができます。

ロードセル入力部を電圧±10V、電流±20mA入力に対応させた専用インジケータF377A・F388Aがございます。
また、FS2000についてはMLT、MLT2のオプションが搭載されていれば、±10Vの入力が可能になります。

弊社の修理サポートにて交換可能です。交換のために返送をお願いしております。まずは弊社営業担当へご相談ください。

F372/F377には2点ホールドという拡張機能がありこれによって可能になります。

ゼロスケールは0Vまたは4mAを出力するときの指示値、フルスケールは10Vまたは20mAを出力するときの指示値を入力してください。

重量計測用途の場合、本質的に高い分解能と精度を要求されますので、分銅による実負荷較正が前提となります。
荷重計測用途の場合、質量と違い応力を扱うためロードセル取り付け方法の都合で実負荷を掛けることが困難なケースが多いので、そのためロードセルの試験成績書を基に数値入力を行う等価入力較正が主流です。
重量計測用途における等価入力較正は、ロードセルの故障交換後にすぐ分銅積みが出来ないなど、緊急時の応急処置的利用を想定しています。

弊社技術センターにご返却していただくことで追加・改造が可能です(有償)。
ただし、オプションによっては同時搭載できない場合がございます。
まずは弊社営業担当にご相談ください。

一度電源を入れ直していただくか、正しく実負荷較正を行ってください。

D/A出力はD/Aゼロ設定とD/Aフルスケール設定を設定する必要があります。

ロギングデータは、10000ポイントを超えると保存画面が出てロギングは停止します。
波形データは、1000秒を超えると保存ファイルが作成され、作成後波形データの取得が始まります。
ファイルは最大1000個でそれ以後は上書きされます。

表示画面の判定は、総合判定となります。波形比較で上限を超えている状態です。
比較結果画面→比較結果一覧→個別から確認できます。

等価入力較正画面で、定格出力値を入力した後に定格容量値を入力して頂くのですが、実負荷較正の画面に切り換えて、定格容量値を入力されてしまう事があります。
等価入力較正画面で、表示値を選択してから定格容量値を入力してください。

Webページ内のF381A/FS2000それぞれの製品紹介ページよりソフトウェアをダウンロードしてください。
*F381Aは「F381A用統合ツール」、「FS2000はFS2000用統合ツール」の中にFILE CONVERTERというカード内のデータをCSV形式のファイルに変換するツールがあります。

FC400シリーズは6線式ロードセルにも対応可能なため、センシングが用意されています。4線式ロードセルを接続するときはこのセンシングを必ずEXCと短絡してください。(+EXCと+S、-EXCと-Sをそれぞれ短絡します)