Slider

製品概要 仕様 カタログ / 説明書 / 外観図 / サポートツール / ソフトウェア


製品概要

オムロンの小型PLC SYSMAC CJ1/CJ2/NJのバスに直接プラグインできるロードセル入力ユニット。センサからの出力をデジタル値として高速に取り込み、CPUにダイレクトに出力します。
計量システムの開発時間短縮や維持管理、改造、メンテナンス性の向上など、生産ライン構築におけるムダを徹底的に削ぎ落とし、大幅なコストダウンと高付加価値を提供します。

NJシリーズの接続可否について
CPUユニット(NJ301/NJ501):ver.1.06以降接続可能
Sysmac Studio:      ver.1.07以降接続可能

仕様

アナログ部
印加電圧 DC10V±5% 出力電流:30mA以内
(350Ω系ストレンゲージ1ヶ接続可)
DC2.5V±5% 出力電流:30mA以内
(120Ω系ストレンゲージ1ヶまたは350Ω系ストレンゲージ4ヶまで並列接続可)
信号入力範囲 -3.0~+3.0mV/V
精度 非直線性:0.02%/FS ±1digit以内(3.0mV/V入力時)
ゼロドリフト:0.5μV/℃ RTI以内
ゲインドリフト:25ppm/℃ 以内
A/D変換器 速度…3000回/秒
分解能…24bit(バイナリ)  1.0mV/Vに対して約1/10000
アナログフィルタ ローパスフィルタ(-6dB/oct.) 3、10、30、100、300、1kHz(設定にて切換)
 
表示部
状態表示LED RUN(緑):正常動作時に点灯
ERC(赤):F130本体に異常発生時点灯またはエラー発生時点滅
ERH(赤):CPUユニットとのデータ交換で異常発生時点灯
 
端子配列
脱着式端子台
(M3ネジ)
 
設定部
号機No.ロータリースイッチ 高機能I/Oユニットの号機No.を設定 0~95号機
設定方法 F130用に定義されたデータメモリ(DM)エリアを経由してCPUユニットより行なう
設定値の記憶 較正値:NOV RAM(不揮発性RAM)に記憶
設定値:F130のリスタート時、CPUユニットのDMエリアより設定値を読み込む(F130では記憶しません)
 
DM(データメモリ)エリア
設定項目 印加電圧、最小目盛、アナログフィルタ、デジタルフィルタ回数、 デジタルオフセット、センサ定格出力値、センサ定格容量値
 
リレーエリア
F130→CPU 測定値(-32768~32767)、データ更新カウンタ、ピークホールド値(較正モード時:センサ定格出力値)、 ボトムホールド値(較正モード時:センサ定格容量値)、平均値(較正モード時:ゼロ較正点のセンサ出力値)、平均回数(較正モード時:較正エラー番号)、測定値オーバーフロー、A/D入力範囲オーバー
CPU→F130 モード選択(通常運転・較正)、等価入力較正、実負荷較正、ゼロ較正、 生存確認、ホールドクリア、ホールド(区間指定)、デジタルゼロ
 
ホールド
  ピーク、ボトム、平均値
 
一般性能
消費電流 DC5V 約0.46A(印加電圧10V 350Ω系ストレンゲージ1ヶ接続時)
使用条件 温度…使用温度範囲:0~+55℃、精度保証温度範囲:0~+40℃、保存温度範囲:-20~+75℃ 
湿度…90%RH以下(結露不可)
外形寸法 31(W)×90(H)×65(D)mm(突起部含まず)
重量 約160g
CEマーキング適合 EMC指令 EN61131-2(CLASS A)
 
付属品
取扱説明書  1冊

ダウンロード

製品カタログ(PDF)
F130カタログ(208 KB)
取扱説明書(PDF)
F130_CJマニュアル_1.00(913 KB)
F130_NJマニュアル_1.00(1 MB)
2D
外観図
DXF
(ZIP)
F130外観図_DXF(16 KB)
PDF
F130外観図_PDF(67 KB)
3D
外観図
STEP
(ZIP)
F130外観図_STEP(290 KB)
サポートツール
F130_CPS for CJ series(276 KB)
ソフトウェア
  • 取扱説明書、製品外観図、サポートツール、ソフトウェアについては、ユーザー登録のうえ、ダウンロードしてください。
  • PDF形式のファイル閲覧には、adobe社のAcrobat Readerをインストールする必要があります。

F130との組み合わせ推奨製品