荷重計測

目に見えない超高速の力を捉えます。 圧入・加締め・プレス時の荷重変化を動的に監視。 製品の合否判定を行います。

FC400-EIP-FA

* 秒2400回の高速A/D変換、高速デジタル処理能力

* デジタルローパスフィルタ搭載

* デジタルピークホールド、上下限機能

* 省スペースで組込に最適、軽量コンパクトなDINレールタイプ

* USBにてPC接続

* 波形が見られるPCアプリ

FS2000

FS2000

* 波形比較機能(上下限の設定波形と実際の測定波形を逐次比較)

* 多点比較判定(1工程で複数ポイントの良否判定が可能。最大5ポイント)

* 波形を見ながらタッチパネルで簡単に設定操作ができる

* 測定データや設定値をSDカードに保存できる

* 秒25000回の高速デジタル処理

F381A

* 波形比較機能(上下限の設定波形と実際の測定波形を逐次比較)

* マルチホールド機能(測定区間を分割し、ホールドの種類を切り換えて上下限比較)

* 変位入力を標準装備(力-変位の2入力による2次元比較が可能)

* 測定データや設定値をSDカードに保存できる

* 波形を見ながらタッチパネルで簡単に設定操作ができる

* 秒4000回の高速デジタル処理

F388A

* 波形比較機能(上下限の設定波形と実際の測定波形を逐次比較)

* マルチホールド機能(測定区間を分割し、ホールドの種類を切り換えて上下限比較)

* 測定データや設定値をSDカードに保存できる

* 波形を見ながらタッチパネルで簡単に設定操作ができる

* 秒4000回の高速デジタル処理

F395

* 波形比較機能、マルチホールド機能

* 変位入力を標準装備(力-変位の2入力による2次元比較が可能)

* 波形を見ながらタッチパネルで簡単に設定操作ができる

* 通信機能でパソコンに転送したサンプリング波形は表計算ソフトによる管理可

* 最高4000回の高速処理

F372A

* 数値だけではとらえにくい物理量の変化を波形表示

* 的確なポイントをとらえる豊富なホールド機能&良否判定機能

* 2種類のホールドを同時に行える2点ホールド、前回値比較、相対値比較などを装備

* タッチパネルに直接触れることで簡単に設定操作ができる

* コンパクトなDIN96□

* 秒2000回の高速デジタル処理

F377A

* 電圧:±10V、電流:±20mAを直接接続可能

* 数値だけではとらえにくい物理量の変化を波形表示

* 的確なポイントをとらえる豊富なホールド機能&良否判定機能

* 2種類のホールドを同時に行える2点ホールド、前回値比較、相対値比較などを装備

* コンパクトなDIN96□

* 秒2000回の高速デジタル処理

F350

* センサ2chの入力値に対し、演算・判定出力が可能

* 演算機能(ch1+ch2、ch1-ch2、|ch1-ch2|、ハイセレクト、ローセレクト)

* 9点の判定出力を装備

* 各ch秒3000回の高速サンプリング

* センサの定格値を入力するだけで較正ができる等価入力較正

* アナログモニター出力

F325

* 高速アナログピークホールド、デジタルピーク/サンプルホールド

* アナログ・デジタル技術を駆使した高機能フィルタ

* RS-485(Modbus-RTU、独自フォーマット選択)またはSI/F(弊社製シリアルインターフェイス)を標準装備

* 設定がパソコンで行えるフリーソフトを用意

F340A

* 高速のアナログ式ピークホールド機能

* ワンタッチで指示値をゼロにするデジタルゼロ機能

* コンパクトなDIN96□

* 高速な上下限比較機能

* センサの定格値を入力するだけで較正ができる等価入力較正

F130

* SYSMAC CJ1/CJ2/NJへ直接接続

* 機器間配線が大幅に簡略化、コストメリットが期待できます

* CJ1/CJ2/NJとF130のコミュニケーションが完全なシームレス化

* システムの開発時間が短縮でき、維持管理、改造、メンテナンスが簡単

* 秒3000回の高速サンプリング

F490A

* 携帯使用を可能にした290gの軽量設計

* 計測データを内部メモリにCSV形式で記録

* USBインターフェイスにより記録データの参照&コピーが可能

* グラフ表示、記録データ表示など、多彩な表示モードを用意

* 6つの較正値を記憶し読み出せるマルチ較正機能

* 4種類のホールド機能を装備し、データ監視区間を設定できる

WI500/WI500-4

* ロードセル・電圧出力センサに接続可能

* 電池駆動のため、ケーブル配線不要

* リモートコンソールにより、計測データの確認・記録が可能

* USBによりパソコンに簡単に取り込める

* 多チャネル入力(1~4CHまで対応可能)

FS10

* ロードセルの荷重変化をPCでモニター及び保存可能 (USB用専用ソフトを用意)

* 秒1200回の高速デジタル処理

* 良否判定機能(HH・HI・LO・LL)

* 初期設定・較正が簡単

* 測定値やステータスを記録

* USBバスパワーのみで駆動し、ロードセルへの電源も供給

ページの先頭へ